-

間接的クレジットカード使用の手法は単純です。クレジットカードを経由してダイレクトに支払えない品物を直接購入するという手段ではなく遠まわしに買い上げしていけばより良いです。説明が簡明という理由で、まずはじめに商品券のケースを用いて解説してみたいと考えます。ある女性が素晴らしいカバンを買いたいと思案しています。そのコートを扱っている店ではクレジットカード払いができじないとします。。しかしながらJCB、Diners clubなどのギフトカードを利用すれば取引する事を許してくれるという事です。だから例になる人物はカードで商品カードを発注する事ができるショップに行きカードを使ってJCB、MasterCard、Diners clubなどの金券を注文しました。そのあとクレジットを用いて取引したVISA、MasterCard、Diners clubなどのギフトカードをショップに持参して向かい購入したかった有名な銘柄の服を買ったとします。「なぜギフト券で購入した女性は上記のような煩わしい手続きをしているのでしょう?」と訝しむ事もあるかもしれませんが、その実今話したプロセスを使うことで実際だと獲得する事はないクレジットポイントが獲得できます。いつものように、直接お金を支払う事で有名なコートを買い付けしたりした場合でもクレジットポイントは手に入れられませんしJCB、MasterCard、Diners clubなどのギフト券を即金で買い取りして使用してもカードポイントは得られません。でも今示した事の時であるならVISA、American Express、NICOSなどののギフト券をカードで取り寄せしたため、有名な銘柄のコートを買い取りした時とつりあうような分のクレジットポイントが得られるようになります。これが間接的にクレジットを使った状態になっているため、遠まわしに使うカードと呼ばれる手法です。

Category

リンク