-

自動車事故は、自分だけで起こした自損事故と他人が巻き添えになった自動車の事故があります。

己だけの事故の場合は、自分自身だけで事故の対応が済めば完了しますが、他の人を含めた自動車での事故はどちらにどれだけの過失が存在したのかを分析し、この状況によって自動車の修理の費用や示談のお金などが決められますので保険会社の人を交えながらのやり取りが欠かすことが出来ません。

大部分の自動車での事故状況で、互いにいくらかのミスがある時が多数で片方の手落ちであるという状況は少ないようです。

もちろん赤信号で進んでしまった、一時停止無視などによって起きた事故は多大な責任がありますが被害を受けた方にもミスがあったと判断されます。

車での事故のケースでは誰のミスが原因で発生したのかという判断が焦点にされますのでこの判断を数字で示したのが過失割合です。

仮定として、先ほど述べた信号が赤でも進んでしまったり一旦停止無視事情ならば、法の上では相手側が全部の落ち度があると考えられますが、事故を起こした車が前の方から近づいてきて目で確認された時だとすると被害者でも注意が足りないと10%ぐらいのミスがあると認められる可能性もあります。

つまりその場合には事故を起こした側が9割事故に巻き込まれた自分が1割過失割合となり責任が大きな方に過失が問われたりします。

車での事故の割合昔の事故の判例をものさしとして決定される状況が大いにあり、日弁連交通事故相談センターから明らかにされている表などが元として使われています。

このような過失の割合が大きければ大きいほど過失言い換えると賠償しなければいけない額も大きくなってしまうので、話し合いは事故当事者だけでなく保険屋さんの担当の方を交えて冷静に協議することが大切です。

Category

リンク